職場のメンタルヘルス/中央区銀座のメンタルクリニック[心療内科・神経科・精神科・内科]東銀座クリニック

HOME > 職場のメンタルヘルス

職場のメンタルヘルス

東銀座クリニック

近年、経済・社会構造の変化に伴い、労働形態、職種が多様化し、働く人を取り巻く職場環境は大きく変わってきております。職場でストレスを感じ、そのストレスが高じてココの健康を損なう方が年々増えてきています。
また、長時間労働、職場の人間関係上のトラブル、業務に起因する負担が増し、うつ病などの精神障害が発生し、最悪の場合自殺に至る事例も増えています。

職場でのストレスからくる症例

働く人にみられるストレスには次のようなものがあります。

・仕事の能率が低下する。集中力や決断力が低下し、結果として残業が増える
・些細なことでイライラしてしまう、怒りっぽくなる
・遅刻や欠勤が増えてくる
・寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めたりする
・頭痛、肩こり、目の疲れ、胃の不快感など身体的に不調になる
・食欲がなくなる
・性欲が減退する
・月経が不順になる
・アルコールやタバコの量が増える
・楽しいとかおもしろいといった興味や関心、喜びを感じ無くなる

これらのサインが続くようなら、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

会社の人事労務担当者の方へ

会社や企業には労働によって社員が病気にならにようにする安全配慮義務があります。

そのため会社では産業医や産業保健スタッフ、人事労務担当者の皆さんが中心となって、職場内のメンタルヘルス対策を推進していかなければなりません。

しかし人事労務担当者の皆さんの多くは、メンタルヘルスの専門家ではなく、精神疾患の診断や治療に係る経験が少ないため、対応に苦慮されているのが現状です。

当クリニックでは、メンタルヘルスに関連した休職や復職などの判定、職場内メンタルヘルス知識の指導や教育など、さまざまなメンタルヘルス関連の問題について対応しております。

また、産業医、特にメンタルヘルスの専門知識を有した産業医をお探しの折も、どうぞお気軽にご相談くさい。

このページのトップへ